第70回記念 西川流 名古屋をどり

一歩会場に踏み入れると、そこは江戸時代。

170年の歴史をもつ西川流が名古屋で70年続ける公演、名古屋をどりとは…

気軽に味わえる日本舞踊の祭典は、秋を彩る名物として1945年から続いています。出演は長年修練を積んだ西川流舞踊家たち、そして西川流を学ぶ名古屋の芸妓・名妓連たち。音楽は歌舞伎でも演奏している長唄・清元・鳴物連中です。ロビーから非日常空間が広がり、記念写真を撮ったり、食事を楽しみながら観劇できます。

出演:西川流四世家元 西川千雅/西川流総師 西川右近/ほか西川流
主催:中日新聞社、名古屋をどりの会

平成29年9月7日(木)〜11日(月)中日劇場

〈第一部〉開演11:00(開場10:20)

〈第二部〉開演14:30(開場13:50)

〈第三部〉開演18:00(開場17:20)

S席(一階):各部共に 7,000円

A席(二階):各部共に 4,000円

【最新情報】

今度は出てみる、名古屋をどり。

今回の70回記念名古屋をどりに一般出演枠が出来ました。

最後の中日劇場、家元と舞台に立とう!

第70回記念 名古屋をどり 第3部[6時〜8時ごろ]

最後の演目 「尾張暦名古屋踊」(仮称)

主演 西川流四世家元 西川千雅ほかにて

「祝賀寿節」(いわいのかずぶし)= 唄(一部)

「御祝儀新造」(ごしゅうぎしんぞう)=立方(一部)

が登場します。

【祝賀寿節(いわいのかずぶし)】

  • 舞台稽古9月6日(水)18時以降
  • 本番出演[7木〜11月]のうち2日間以上(通し出演も可能)
  • 男女不問・歌唱経験不問
  • 稽古 候補日6月〜8月 9回のうち3回以上
  • 費用 10万円(税込)チケット10枚つき(7万円相当)
  • 衣裳 自前(黒紋付)(レンタルもあり)
  • PDF版チラシはここからダウンロードできます。http://xfs.jp/Y6RBfv

【御祝儀新造(ごしゅうぎしんぞう)】

  • 音楽合わせ 8月28もしくは29日
  • 舞台稽古9月6日(水)18時以降
  • 本番は1,2組いずれかにわかれます。

   1組[7木〜9土]

   2組[10日、11月]

  • 男女不問・舞踊経験不問
  • 稽古 6,7.8月に合同稽古あり(お稽古10回のうちに5回以上ご参加ください)
  • 費用 40万円(税込)チケット40枚つき(28万円相当)
  • 本衣裳+かつら(かつら合わせがあります)+記念写真
  • ご招待チケットもあり

特典

  • 70年の歴史ある「名古屋をどり」舞台に立ち、名古屋の伝統文化を盛り上げれます。
  • 本格的な化粧、かつら、本衣裳を着られます。
  • プロによる記念写真・ビデオ撮影もあります。

初心者、大歓迎。稽古は家元稽古場で(稽古は平日夜または週末です)

よくある質問(踊り)

よくある質問(合同)

西川流について

西川流家元、誕生前夜

初世西川鯉三郎の時代

二世家元西川鯉三郎

三世家元西川右近

プロフィール

アクセス

西川流の連絡先

名古屋をどり

西川流名古屋をどり

観劇パックプラン

料亭プラン

家元コンテンツ

コンテンツ一覧

お稽古

日本舞踊西川流入会案内

西川まさ子のパーソナル稽古

日本舞踊一曲だけOKEIKO

お子様のお稽古のご案内

全国の西川流日本舞踊教

初めてのお稽古

【最新情報】

今度は出てみる、

名古屋をどり。

今回の70回記念名古屋をどりに一般出演枠が出来ました。

最後の中日劇場、家元と舞台に立とう!