第 73 回西川流名古屋をどり 中止のお知らせ

 平素より「名古屋をどり」をご愛顧賜りまして誠にありがとうございます。

 本年、令和2年9月3日より6日まで御園座にて開催の予定でした「第73回西川流名古屋をどり」は、昨今の新型コロナウィルス感染状況を鑑みまして、今年の公演を中止する決定をいたしました。

 

 現在、感染者減少傾向にあり、愛知県では非常事態宣言も解除されましたが、いまだ第2波、第3波の可能性もあり先行きの見通しが立たず、お客様の安全を完全に確保できないこと、また出演者、子どもから高齢者まで幅広く、スタッフも多い事もあり、このような判断となりました。

 

 「名古屋をどり」は昭和20年9月24〜26日、第二次世界大戦終戦の年に名古屋宝塚劇場(伏見)にて第1回が開催されました。名古屋に進駐軍が来る前に行われた、全国的にみても“最初の復興公演”と言えます。出演の中心となったのは、戦時中に結成された西川流慰問隊。普段は被服工場に務めながらトラックに相乗りして慰問をしていました。

 

 第2回は御園座再建を待って2年後の昭和23年11月25〜30日に行われました。その後は毎年開催していますが、昭和33年、第12回公演の千秋楽は伊勢湾台風。その日は公演を中止し、すでに劇場におでかけいただいたお客様には炊き出しを行い、右近総師自らも自動車でお客様を自宅までお送りしました。昭和36年には御園座が焼失、公演も中止になり翌年は愛知県文化講堂(現在の愛知芸術文化劇場)での公演となりました。

 

 「名古屋をどり」は常に地元住民の皆様と一緒に歩んでまいりました。舞踊家、衣裳、かつら、大道具、照明音響・・・と地元の小さな団体が集まって公演を作っています。現在舞台の世界は未曾有の危機にありますが、なんとか力を合わせてこの国難を乗り越え、次回開催の折には“人々の復興の公演”として人々に希望を与える舞台となりますよう一同努力して参りますので、今後ともご支援のほど心よりお願い申し上げます。

 

令和2年5⽉15⽇

⻄川流四世家元 ⻄川千雅  

(名古屋をどりの会 主宰)

 

お問い合わせ先

名古屋をどりの会 電話 052-831-7106 FAX052-833-9797

 mail: webmaster@nishikawa-ryu.com

 

 

 

【關於73次西川流名古屋舞蹈會取消的通知】

衷心感謝各位平時惠顧「名古屋舞蹈會」。

原本預定於2020年9月3日至6日在御園座舉辦的「73回西川流名古屋舞蹈」,有鑑於新型冠狀病毒的感染狀況,決定取消今年的公演。

雖然目前感染者有減少的傾向,愛知縣的緊急事態宣言也解除了,但是未來仍有第二波、第三波的可能性。在前景難以預料的情況下,因不能完全確保顧客的安全,且衆多演出者丶工作人員的年齡層涵括孩子到高齡者,故下此判斷。

「名古屋舞蹈」於1945年9月24~26日,第2次世界大戰終戰之年在名古屋寶塚劇場(伏見)舉辦了第1屆,以全日本來説亦是“首次舉辦的復興公演”,當時是在佔領日本的聯合國軍隊來到名古屋之前舉辦的。主要演出的成員為戰時組成的西川流慰問隊。他們平時在成衣廠工作,有空時就克難搭乘卡車巡迴慰問公演。

第2次名古屋舞蹈會是在等待御園座重建的2年後,也就是1948年11月25~30日舉行的。之後每年都舉辦,。1958年,第12次公演的最後一天,不巧遇上伊勢灣颱風。那一天,我們取消了表演,並向當時已經前往劇院的顧客提供了伙食,右近總師也親自開車將顧客送到了家。 1961年,公園座被燒毀,公演也曾臨時取消,而在第二年於愛知縣文化講堂(現在的愛知藝術文化劇場)進行公演。

「名古屋舞蹈會」一直以來皆與當地居民同在。舞蹈家、服裝、假髮、道具、燈光音響等・・・和當地的小團體組成公演。現在表演團體正面臨著前所未有的危機,我們將合力面對困境,下一次舉辦時,將再次為“人們的復興而表演”,並努力讓我們的演出給大家帶來希望,今後也請多多關照。

2020年5月15日

 

西川流四世家元

西川千雅

 

 

 

[Notice of cancellation of 73rd annual Nishikawa-ryu Nagoya Odori]

 

Thank you for your continued patronage of the annual Nagoya Odori.

 

Due to the current situation of the corona virus pandemic, we have decided to cancel the 73rd annual Nishikawa-ryu Nagoya Odori scheduled to be held at the Misonoza Theater from September 3rd-6th.

 

Currently, the number of infected people are decreasing, and the emergency shutdown declaration has been lifted in Aichi Prefecture, but seeing that there is still the possibility of a second and third wave, we decided to cancel the show on behalf of the safety of the customers, the many staff members and performers, including children, and elderly people.

 

The first Nagoya Odori was held on September 24th-26th 1945 in the Nagoya Takarazuka Theater, in the Fushimi district, at the end of WWII. It was the first revival performance in the nation. The core performers were the Nishikawa-ryu convoy, formed during the war, whom worked at a clothing factory and would all hitch a ride in the back of a truck to get to the theater.

 

The second Nagoya Odori was held from November 25th-30th, 1948, to commemorate the new Misonoza Theater. The show was performed annually without cancellation until the final day of the 12th Nagoya Odori in 1958, when the country was hit by the Isewan Typhoon.  Food was prepared for the audience who had already arrived at the theater, and Grandmaster Ukon Nishikawa himself drove them home in his car. The show was cancelled again in 1964, when the Misonoza theater burned down, and was moved the following year to the Aichi Prefectural Cultural Auditorium, now the Aichi Arts Center.

 

Nagoya Odori has always worked together with the local communities. Dancers, costumes, wig, props, lighting, sound and several small local performance groups come together to create Nagoya Odori. Although the world is currently in an unprecedented crisis, we will be resilient and work together to return to the stage, this time to perform a show to celebrate the revival of the people and to give hope to the community.

 

Thank you from the bottom of my heart for all of your support.

 

Nishikawa Kazumasa

4th Headmaster of the Nishikawa-ryu School

Chairman of the Nagoya Odori