西川流家元 誕生前夜

天保12年(1841年)、初世西川鯉三郎は西川流の初代家元となり、その基礎を固めます。その年、老中水野忠邦が政治改革を行い、翌年には倹約令が出ています。江戸は、当時の芸能人にとって住みにくい場所になっていたようで、名古屋で西川流が栄えたのは、案外こうしたところにも原因があったのかもしれません。

西川流は日本舞踊の五大流派のひとつとよばれ、日舞界でも初期のころに誕生した流派です。

最初に“西川流”が歴史に名をみせるのは、約300年前。初世西川仙蔵は能の囃子方から歌舞伎の鳴物師になり、やがて踊りの振付師に転じ、宗家西川流を創設したといわれています。二世の時代、18世紀から19世紀にかけて、西川流は歌舞伎との深いかかわりをもちます。現在に伝わる「鷺娘」「吉原雀」「関の扉」などもその当時の作品です。

そして四世の時代。高弟であった西川仁蔵は名古屋にわたり、別派をたて、名古屋西川流の家元として初世西川鯉三郎をなのります。また兄弟弟子の芳次郎も宗家をはなれ、後に寿輔をなのり花柳流を興します。

西川流について

西川流家元、誕生前夜

初世西川鯉三郎の時代

二世家元西川鯉三郎

三世家元西川右近

プロフィール

アクセス

西川流の連絡先

名古屋をどり

西川流名古屋をどり

観劇パックプラン

料亭プラン

家元コンテンツ

コンテンツ一覧

お稽古

日本舞踊西川流入会案内

西川まさ子のパーソナル稽古

日本舞踊一曲だけOKEIKO

お子様のお稽古のご案内

全国の西川流日本舞踊教

初めてのお稽古